• ホーム
  • 性病を放置して重大な病~女性版~

性病を放置して重大な病~女性版~

黄色の薬

女性は性病になりやすいものです。
男性との性交渉で感染張る場合もありますし、体調不良や体力の低下でなる性病もあるので女性は注意が必要です。
女性がかかりやすい性病としてはトリコモナス炎症・カンジダ真菌・クラミジア感染症などが特にかかりやすいですが、男性が保菌している場合は梅毒や淋病、エイズ、肝炎に感染する事もあります。
カンジダ真菌症は体調不良や体力の低下でカンジダ真菌が膣の中で増殖する事でなる場合があります。
また、強い抗生物質を服用する事で膣内の良い菌が死滅してしまい、カンジダ真菌が増える場合もあるので男性との性交渉以外でもなる事があるので体力低下の時には十分な注意が必要になります。
どれも放置しておくと悪化して重大な病になる場合があります。

子宮頚管炎から子宮内膜炎、卵巣炎、骨盤付属器炎症になり不妊症になる場合がありますし、梅毒は進行すると神経梅毒と言う神経障害を起こします。
淋病、トリコモナス炎症、クラミジア感染症も卵子の通過障害を起こしますので不妊症になりやすくなります。
不妊治療が必要になりますし、人工授精を行ったり、通貨障害に対し、通水・通気術を行いますが大変な痛みを伴います。

それ以外にも、出産時に母子感染する場合があります。
赤ちゃんが性病になってしまうと重症化したり、乳児突然死症候群を起こしやすくなります。
それを回避するために帝王切開が行われますが帝王切開は回数が決まっており子供の数も制限されます。

また、梅毒は胎盤から胎児に感染するので皮膚病変、リンパ節腫脹、口唇裂など様々な症状が出やすくなります。
性病の中には癌を引き起こす感染症もありますので将来癌の可能性が高くなる物もあります。
梅毒・エイズ・肝炎などの性病は死に至る場合もあるので、どのような性病でも早期発見、早期治療が必要になります。