• ホーム
  • 夫から感染した性病、感染症治療は二人で行う

夫から感染した性病、感染症治療は二人で行う

結婚してお互いに性行為をするパートナーがいると、性病に感染する確率というのはあまりありません。
しかし、男性の場合は、時には風俗などでほかの女性と性交渉を持つ場合もあります。
風俗は性産業の1つなので、安心して遊べるように、そして安心して利用できるように性病対策や感染症対策をきちんととっているところも多いですが、全ての場所がそうであるとは限りません。
またそのサービス内容以上のものを求めて、遊ぶということも時にはみられることです。
しかしこれには大きな危険が含まれています。

風俗の世界は不特定多数の男女が入り混じるところです。
そのために、どこに性病やその他の感染症が潜んでいるかわかりません。
また感染症検査を定期的にしていても、感染初期で見逃してしまい気が付かなかったということもあるのです。
ですから、これまで性病には縁のなかった夫が、一度家庭外で遊んだことで、感染症にかかるということも少なくないのです。

そしてその夫と性行為をすると妻にも、もちろん感染をします。
もしどちらかに症状があり、どちらかに症状が無い場合には、その性病確定まで時間がかかることもあるかもしれません。
また時には夫が仕事が忙しくて症状もないから全く気が付かず、妻はおりものの変化などで異常を感じ病院を受診、そして感染症が分かることもあるのです。

いずれにしても夫婦の場合は、症状のあるなしにかかわらず、一緒に治療をすることになります。
どちらか一方だけが治療しても意味が無く、また感染のサイクルをとることもあるのです。
そしてクラミジアやカンジダなど治療の可能な性病の場合はまだよいかもしれません。
時にはHIV感染のような重篤な感染症もあるのです。